カラミざかり あらすじ

エロ漫画 カラミざかり~第5話ネタバレとレビュー

「カラミざかり~第5話のあらすじ&ネタバレ」

▼▽▽カラミざかりの詳細はこちら!▽▽▼


 

積極的な智乃は高成の首筋を舐めながらチ○ポをまさぐる!

「あっ・・・うっ・・・」

高成からは言葉にならない言葉がついてでる。

 

ベッドでは貴史が夢中になって里帆のお○んこをイヌのようになめていた!

里帆は恥ずかしすぎて両手で顔をかくしている・・・。

しかも、しっかりクリ○リスを舐めて感じさせていた!

 

貴史のプレイを横目でみる高成・・・。その時、一瞬で我に返った。

理由は智乃が高成のチ○ポをしゃぶっていたからだ!

くちゅくちゅと音を立てながらしゃぶるとカラダを震わせ思わず声を出す・・・。

 

「うわぁ・・・」

智乃はスイッチが入ったかのように高成のチ○ポをしゃぶる!

(新山が・・・俺のチ○ポを・・・)

 

「気持ちいい・・・?」

「う、うん・・・」

智乃はそう聞くと、うれしそうにチ○ポをしゃぶっている。

 

「いたいっ」

「力抜いて、飯田」

振り向くと今まさに挿入しようとする貴史・・・。

 

「大丈夫、ゆっくりするから♪」

高成の心配をよそに、貴史はさっさと里帆のお○んこにチ○ポを入れた。

ゆっくりとゆっくりと音を立てて入っていく・・・。

 

「飯田のキツイ」

「ちょっと押し込むぞ」

興奮状態の貴史はそういうと根元まで入れようとする。

 

「入った💛」

根元まで感じてしまっている里帆の顔を呆然と見る高成。

貴史はさっそく腰を動かし猿のようにピストン運動を始める。

 

「新山とは全然感触が違う」

どうやら里帆のお○んこは智乃とは何かが違うらしい。

ふてくされる智乃・・・。

 

「感じが違うんだよ。」

挿入され声を必死に抑える里帆・・・。

だが乳首は感じまくっててビンビンに立っている。

 

そしてディープキスしながら激しくハメ倒している!

もうこうなると誰も二人を止められるものはいなかった。

あっけにとられる高成・・・。

 

さっきより、さらにスピードを上げてチ○ポを突き上げる!

突きまくられより乳首が固くなりてビンビンになっている里帆!

野球部で鍛えた貴史の動きに里帆はいいようにヤられていたのだ!

 

「別にいいけど、ってか山岸さっきよりビンビンになってる💛」

智乃はそのまま高成のチ○ポをしゃぶりつづける。

 

ベッドのきしむ音とずぶずぶといういやらしい音がまじりあう。

「飯田のお○んこ、すごい締め付け♪」

上から押しつけるようにチ○ポを突き刺し続ける!

 

後ろからは貴史のチ○ポと里帆のお○んこが丸見えだ!

当たり前のようにディープキスする二人を見て唖然とする高成。

里帆は、もはや胸をもまれるのも慣れてきていた。

 

そして、貴史のすべてを受け入れている・・・。

「イっくぅ!」

 

最後の激しい動きに快楽の頂点に達しようとしている二人。

もう貴史のカラダは真っ赤になっていた。

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

イってしまった貴史のほうを悩まし気にみる里帆・・・。

その時、高成と目が合いすぐさま目をそらす高成。

だが高成はこの時、智乃のフ○ラでイってしまうのだった・・・。

 

「ただいまー」

「やべ、母ちゃんだ!」

3人はすぐさま着替えて何事もなかったかのように家を出た・・・。

 

さっきの光景を思い出しながら照れくさそうに帰る3人。

「じゃあ俺はここで。」

途中で別れた高成は里帆の後ろ姿をじっと見るのだった・・・。

 

第5話 いっぱい出たね レビューと見どころ解説

 

とうとう乱交状態になってしまう4人。ここからは見どころ満載です(^^)

ディープキスしてお○んちんをまさぐる智乃も最高にエロいです!

どんな教育を受けてきたんでしょうねぇ。いいぞもっとやれ!(*゚▽゚)ノ

 

そして高成の後ろでは貴史と里帆がハメまくっています笑

高成は気になって後ろばっかりみてしまうんですよねぇ。

ここもなんというか背徳感を感じるみたいなポイントになっています。

 

別に付き合ってるわけじゃないですが、なんとなく気になる二人・・・。

でも先に貴史のえじきになって複雑な感じがNTR的に面白いです(^Д^)

そんなことは気にせずガンガンハメまくる貴史もぐっときます♪

 

最初はゆっくりですがだんだんと激しくなってきます。まぁ気持ちいいですからね。

そしておっぱいを揉まれつつも徐々に感じてきてしまう里帆もグッドです( ̄∀ ̄)

なにせ乳首がビンビンになっているのを私は見逃しませんよ笑

 

ハメまくりの二人が気になってしょうがない高成なんですけど確認です。

この時、しっかり智乃にチ○ポをしゃぶられてますから・・・残念!(´∇`)

気持ちよくなりながらもそれどころではない高成、忙しいお年頃です笑

 

そろそろクライマックスになりカラダが赤くなる貴史は興奮も最高潮に!

そして恥じらいを忘れてただよがるだけのメス豚に成り下がった里帆が一番のポイントです(≧∇≦)

やっぱりおとなしい感じの子が乱れる、これは定番で鉄板のエロスです(⌒▽⌒)

 

高成にハメられてるところを見られながら乳首をビンビンにしてよがっている・・・。

さながら、AV顔負けのシチュエーションですしヌキポイント確定ですね(゜▽゜)

イったあと高成と里帆が目が合ってそらしてしまうのも初々しいです♪

 

でも忘れてはいけません。この時点ですでにしっかり智乃にしゃぶられてます笑。

しかもイってしまいますから。よく見るとまた智乃はごっくんしてます笑。

これは好きモノですね。もっとごっくんを希望です。お願いします(☆∀☆)

 

さて次はとうとう高成と里帆か?というところでお母さんが帰宅。

そしてお開きという流れになってしまいます。・・・残念です。

3人で帰宅途中、別れる高成ですがふと振り返り里帆の背中を目で追います。

 

さてこの時の高成の心中はいかばかりか・・?

まだまだ続きそうなこの物語、ぜっさん不完全燃焼な私です。

もっと恥じらいながらもエチエチなシーンを希望します(^^)

カラミざかりはこちら!

▼▽▽カラミざかりの詳細は画像をクリック!▽▽▼